標高1800メートル級の山々が連なるエクアドル・コタカチ郡インタグ地方。
ここは雲霧林と呼ばれる深い森がひろがっており、雨量2000~2700ミリ、気温20~25度と良質なコーヒー生産に適した環境にあります。

この森では【アグロ・フォレストリー(森林栽培)】に取り組むことによって、生態系と調和したコーヒー栽培が行われています。

実はこのインタグでは森を切りひらく鉱山開発プロジェクトがすすんでいました。
鉱山開発は一時的に現金収入をもたらしますが、一度掘ってしまえば山は削られ川は汚れてしまい二度と豊かな森に戻すことはできません。
そこでその栽培方法として進められてきたのが森を切り開かずにコーヒーを生産するアグロ・フォレストリーという代替案でした。

アグロ・フォレストリーとは森を切り開いて農地にするのではなく、森を切り開かずにコーヒーやバナナ、アボガド、パパイヤなど数十種類の植物を一緒に育てる栽培方法です。 
背の高い木の陰にコーヒーの木を植えていくこと(日陰栽培)で自然と枯れ落ちた葉などが肥料となり高品質なコーヒー豆を
育てます。
農薬や化学肥料に頼らない本来の生態系の状態で様々な作物を育てるこの農法は、持続的な農業を続けることができるため、コーヒーの相場が下がった時などにも比較的安定した経営をする事ができます。

1998年にインタグ有機コーヒー生産者組合"AACRI(アークリ)"が設立され、コーヒー生産者の支援や教育、豆の販売・管理、植林などを行っていますAACRIには現在320名の会員と8名のスタッフが自然の力を生かした方法でコーヒー栽培に取組んでいます。

AACRI代表のエドムンドさんは「森を守ることがインタグの豊かな気候を作ってくれている。私たちはコーヒー栽培だけでなく、アグロ・フォレストリーの取り組みを大切にしている。また、実際に川の水をより豊かにするために植林を行なっている。」と話しています。

現在インタグ河に水力発電所を作る計画が持ち上がっています。これらをつくることで川が枯れ農園に水が行かず、川が汚れ観光や農業などができなくなってしまいます。そのためインタグ地方ではコミュニティベースの小さな自家発電を作ることで持続可能な生活を進めようとしています。

インタグの人々は「こどもたちに美しい自然ときれいな川を残したい」と口々に語ります。先日撤退命令が出され今は少し落ち着いている鉱山開発問題など、生活と切り離せない問題が数多くある中、お金ではなく環境を優先する豊かな人々がインタグにはいます。

インタグの森を守りながら生産者の生活を向上させるベストの方策は、地域の伝統的な農法を生かした無農薬栽培のコーヒーを作り続け、そしてそれらを適正な価格で販売していくことです。

SlowCoffeeはおいしいコーヒーをお届けするだけでなく、コーヒーを飲む人、販売する人、作る人、みんながうれしいコーヒーを目指しています。

 
 
〒270-2241 千葉県松戸市松戸新田24番 京葉流通センター6-2号
TEL:047-331-5208 / FAX:047-331-5269
Copyright (c) 2014 SLOW INC ALL RIGHT RECERVED.