• 2017年02月07日

2017年2月15日(水)~17日(金)に幕張メッセで行われます、
【スーパーマーケット・トレードショー2017】に出展いたします。

来場方法やアクセスなどについてはコチラ

ぜひご来場頂き、「五味商店」ブースにお立ち寄りください。
「五味商店」受付カウンターすぐ横にSlowCoffeeブースがございます。

◎今年は新商品として、ご要望の多かった「デカフェ・オレベース【無糖】」、
「デカフェようかん」がお披露目となります。
デカフェようかんの試食をご用意します!

◎春夏向け商品として、昨年から流行りだした「水出しアイスコーヒー」、
「デカフェ・オレベース【加糖】」、「デカフェ豆乳アイス」の試飲・試食をご用意します。

◎「カフェインレスなのに美味しい!」と人気商品のカフェインレスコーヒー
のご試飲もご用意します。

と盛り沢山の試飲・試食プロモーションをおこない、
2000年の創業以来「オーガニック」「フェアトレード」に一貫して取組んできた
SlowCoffeeの魅力をお伝え致します。 

出展場所などは以下の通りとなりますので、
沢山のご来場お待ち申し上げております。

出展ブース:五味商店「こだわり食品コーナー」
出展小間番号:9-103
コチラでご確認いただけます。

  • 2017年02月07日

お知らせ致します。

本年3月1日より、岐阜県郡上市にスロー社の新しい拠点が誕生します。
いわばサテライトオフィスということになるのでしょうか。
HUB GUJOを川向こうから

 

 

 

 

総務省の「都市部の企業が、地方に拠点をつくる」ことへの
助成金を得たNPO法人 HUB GUJO(ハブグジョウ)の運営する、
シェアオフィス&コワーキングスペースに机1台、パソコン1台、
そしてコーヒーカウンター1式で、nomad勤務する拠点です。

全国で23地域が採択され、他地域ではひとつの企業が地方にオフィスを進出する内容ですが、
郡上のみ、広告、映像コミュニケーション、美濃和紙、Web制作、そしてスロー社の
5つの企業が進出することは異例となります。
新しいものがここから生まれそうな予感がします。

建物は、昭和16年建設の元紡績工場をリノベーションし、
「また新たな経済をつくっていこう」という思いが込められています。
そちらで勤務するのは、まずは小澤陽祐1名でスタートします。
小澤は、月の半分を松戸本社(場所など以前と変わりません)、
月の半分を郡上オフィスで勤務します。

仕事は意外と、どこにいてもできるものです。
社長業は特にそうかもしれませんが、仕事のこと、
SlowCoffeeのことを考えない日はまずありませんので、常に頭は働いています。

郡上オフィスは、以下のような機能を持ち、
以下のような業務を行う予定です。
●中部圏・東海北陸・関西圏への営業拠点
●「郡上発、オリジナル水出しコーヒー」等、商品開発のラボ
(企画開発研究所)
●スローなワークショップ
●社長業

以下は松戸本社/焙煎所の体制です。
焙煎は、焙煎人の小澤真太郎、加藤翔の2名が担当します。
製造メンバー、生豆の選別メンバー(松戸近隣の主婦の方のピッキングに支えられています)、
経理メンバーが変わらず勤務しています。

もう1名、営業の田中完治は、岡山と松戸の2拠点勤務をしております。
実は2015年の4月から、田中と小澤は2拠点勤務をスタートしていましたので、
1年半以上この体制の準備をしてきました。

このようにスロー社は、焙煎・製造以外は
「いつでも、どこでもオフィス」なのですが、
やはり仕事には環境が大事なので、郡上オフィスはその意味で充実しています。
まず、
・サンプルロースター × 1台
・水出しコーヒー器具 × 6台
・コーヒーミル NEXT G × 1台
・タカヒロドリップポット(ピンクゴールド)× 1台
・ドリップスタンド
・コーヒーブリューワー × 1台
など、コーヒー器具が充実しており、

そのほかに、施設内には
・3Dプリンター
・レーザーカッター
・最先端ビジュアルコミュニケーション設備
などがあります。

そしてそして郡上には、日本有数と言われる
(安心安全な)「おいしい水」があります。
“天空の城(またジブリか?)”とも言われる
郡上八幡城が眼前にそびえたち、夏は郡上おどりまで500mなどなど。
と、ロケーションも最高ですので、どうぞご訪問ください。

2/25(土)・26(日)にお披露目イベントがあります。
(なんと東京と大阪からの無料送迎バスが出ます♪)

有限会社スロー
代表取締役 小澤陽祐

  • 2017年01月07日

2016年12月から新しくお取引が始まった、お店のご紹介です!

他の取扱店さまもSlowCoffeeウェブサイトのSHOPLISTから
ご覧になれますので、是非チェックしてみてください!!

はぐまむ 岡崎店
愛知県岡崎市小呂町2-7-1

三宅商店

◎つくば薬局
茨城県筑西市下川島826-39

MilePost
愛知県名古屋市熱田区大宝3-1-17名古屋学院大学名古屋キャンパス日比野学舎

  • 2016年12月16日

ということで、弊社のチャリティーブレンド(*)からの寄付のご報告です。
*チャリティーブレンドとは?
:売上の10%を(卸先様と弊社が5%ずつ負担し)応援したい社会貢献活動に寄付をしています。

2014年8月1日〜2015年12月31日までの寄付額、19,330円をほうきネットに寄付させて頂きました(2016年2月25日)。
ご報告がたいへん遅くなり申し訳ありません。

  • 2016年12月01日

これから毎月、新しくお取引を開始してくださったお店をご紹介させて頂きます。
(というわけで)11月に新しくお取引が始まった、お店のご紹介です!

他の取扱店さまもSHOPLISTからご覧になれますので、是非チェックしてみてください!!

パントリー丸井溝口店
神奈川県川崎市高津区溝口1-4-1 マルイファミリー溝口店 地下1階・まるい食品館

marugo deli ebisu(マルゴデリ) 恵比寿
渋谷区恵比寿西1-17-1 プルミエール恵比寿 1F-A

GRAND・FOOD・HALL!MEAT
神奈川県平塚市天沼700-17 ららぽーと湘南平塚内

日升庵
茨城県つくば市筑波1221-3

Asian野菜BAR ぺるどま
東京都渋谷区恵比寿2-22-10

Art&Green藤野芸術の家レストラン
神奈川県相模原市緑区牧野4819

  • 2016年11月29日

第1回オーガニックライフスタイルEXPOに出展して感じたことがありました。

この展示会は、日本発のオーガニックなライフスタイルを衣食住すべてで
提案する初めてのもので、SlowCoffeeの反応も上々でした。

「オーガニック」は日本では一般的に「有機の」と訳されていますが、
辞書を引くと「有機の」のほかに「本質的な」とか「根本的な」という意味が
見つかります。
トークショーのなかで、20年近くもオーガニックワインを扱ってきた
マヴィの田村さんがおっしゃっていました。

また、会場内の別のセミナーに参加した時にもこの話が出て、
日本も戦前までほぼオーガニックだったんだから、
「元からの」「従来の」ことで特別なことではないという共有があり、
心に残りました。

2016年の日本にフィットするのは「有機の」という、
いまいちピンとこない言葉ではなく「もともとの」という言葉だと思います。
マークでもブームでもセレブでもなく、“意識高い系”でもありません。

「オーガニックなライフスタイル」とは、もともと日本人が食べていたもの、
くらしのなかで大事にしてきた心が失われている今日、
それをもう一度取りもどすムーブメントなんだと思います。

ひとりひとりが取り組めること、ご一緒しましょう!

  • 2016年11月14日

今回のイタリア旅の中でも、最も美味しかったもの
のひとつ「ビチェリン」。

イタリア・トリノ発祥のエスプレッソアレンジメニューで、
エスプレッソと、チョコラータと、フォームドミルクが3層になっています。

そのビチェリン発祥の店と言われる「Caffè Al Bicerin」
さんを訪れました。

きびきびと働くベテランのウェイトレスさんに
言われたとおり、混ぜないで飲んでみると、
苦みと甘み、熱いと冷たいのハーモニーが最高でした。

bicerin

 

 

 

 

 

 

 

 

飲むと思わず恍惚の表情に

 

これはカフェなどでもぜひ再現したいメニューです。

 

  • 2016年10月30日

テッラマードレ】最終日、ハンドドリップで
SlowCoffeeをふるまいました。

イタリアはエスプレッソの国、正直ハンドドリップで
抽出したコーヒーをおいしいと思うのか?
疑問と不安はありましたが、せっかくの機会なので
チャレンジしてみました。

イタリアの人は好奇心が強い気がします。
ハンドドリップする前から、何が始まるのか?という感じで
見守ってくれていました。

ハンドドリップしている5分ぐらいの間、
じっと見つめているご夫婦が最初のお客様でした。

14456863_1187852151261788_847011128_o

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリップし、試飲カップで手渡すと、

「砂糖はないの?」
イタリア人らしい質問です。

「ないけど、飲めると思う」
と伝えると、そのまま口へと。
「buono!(おいしい!)」
「Molto buono(とてもおいしい)」

イタリアでも「おいしい」頂きました!
スタイルは違えどコーヒー好きは万国共通。
手応えを感じました。

 

  • 2016年10月18日

日本に帰ると、あっという間に1ヶ月が過ぎようとしています。

 

これから何回かに分けて、イタリアに行ってきた感想、衝撃など、
旅の記憶をつづっておきます。

まずは、SlowFoodの祭典【テッラマードレ】をふりかえります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5日間にわたる、テッラマードレがおわりました‼️

%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

 

 

 

 

 

 

 

 

“アースデイ・トリノ”とも呼べるような、ハッピーピーポーたちの祭典でした!

またご報告しますが、ジャパニーズスタイルのコーヒー、好評でした。

最終日の今日は、中通さんと一緒に、リアルオーガニック・シンジケートでした。

(以上、facebookの投稿より引用)

  • 2016年09月18日

SlowFoodはご存知でしょうか?

1986年にイタリアで始まったムーブメントで、今では世界中に広がっています。

 

二年に一度のSlowFoodの祭典、それがTerraMadreです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-18-16-47-18

 

 

 

 

 

この度、テッラマードレに参加する日本の代表団に応募したところ審査に通りました。
そもそもSlowCoffeeの「スロー」はスローライフやスローフードの「スロー」であり、
原点にふれる機会と感じています。
そして本場イタリアのエスプレッソ、バールを体験してきます。

コーヒーに関する小さいフォーラムでスピーチをする機会も頂きましたので、
SlowCoffeeがコーヒー文化の一翼として16年間歩んできた道のりもお話してきます。

得たものはまた帰国後にご報告させて頂きます。
(スローコーヒー代表  小澤陽祐)

 
 
〒270-2241 千葉県松戸市松戸新田24番 京葉流通センター6-2号
TEL:047-331-5208 / FAX:047-331-5269
Copyright (c) 2014 SLOW INC ALL RIGHT RECERVED.