• SlowCoffeeの楽しみ方
  • SlowCoffeeのおいしさのヒ・ミ・ツ
  • スローの焙煎について
  • フェアトレードについて
  • オーガニックについて

オンラインショップ

これからはじまるストーリー

SlowCoffeeのおいしさのヒ・ミ・ツ

おいしいコーヒーを楽しんで、ホッと一息くつろいで。

『おいしい!』とよろこんでもらえたら、スローコーヒーにこめられた思いを、付加価値として受け取って頂きたい。

そんな願いを込めて、スローコーヒーは【フェアトレード】で輸入された、良質な【オーガニックコーヒー豆のみ】を【自社で焙煎】しています。
おいしいコーヒーをお届けするためには、この3つのどれもが欠かせないと考えているからです。
創業以来、このコンセプトを守り続けながら、お客様に安心と感動をお届けしています。

1.オーガニック=無農薬栽培

インタグの森.jpgスローコーヒーの生産者は「いのちを大切にしたい」「子どもたちに美しい自然ときれいな川を残したい」
という思いで、農薬や化学肥料に頼らず、人の手と土・自然の力を活かしたコーヒー栽培に取り組んでいます。
だからスローコーヒーは安心・安全・高品質で地球にもやさしい。

オーガニックについて続きはこちら

2.フェアトレード

カルロスさんスマイル.jpg コーヒーの無農薬栽培は堆肥(たいひ)作りや草刈など、多くの手間を必要とします。ですが、現状のコーヒーの取引は生産者が利益を得られない不公平なシステムになっており、生産コストのかかる無農薬栽培を続ける事ができません。
そこで、スローコーヒーは生産者にも公平な対価を保障する『フェアトレード』という取引方法で輸入されたコーヒー豆のみを焙煎しています。
フェアトレードなら、高品質なコーヒー豆が日本に届きます、生産者のよろこびも一緒に。




フェアトレードについて続きはこちら

3.国内自社焙煎

直火式焙煎機_.jpg このような道のりを経て届いたコーヒー豆を、最高な状態でアナタに届けたい。『オーガニックやフェアトレードはイイけど、おいしくないんだよネ。』というのが巷(ちまた)の声でした。
『この現状を打破しよう!これではオーガニックやフェアトレードがもったいない!コーヒーは飲み物なんだからおいしくなくては。』と、試行錯誤の末たどり着いたのが、国内自社焙煎でした。
コーヒーだって鮮度がいのち。スローコーヒーは自社で焙煎して品質に責任を持ち、新鮮な状態でお届けしています。




国内自社焙煎について続きはこちら