• SlowCoffeeの楽しみ方
  • SlowCoffeeのおいしさのヒ・ミ・ツ
  • スローの焙煎について
  • フェアトレードについて
  • オーガニックについて

オンラインショップ

これからはじまるストーリー

フェアトレードについて

SLOW社は、コーヒーのフェアトレードにポジティブに取組んでいます。

フェアトレードは一般的に「公平な貿易」などと訳され、
「第三世界への支援」や「発展途上国の貧困を救おう!」
という側面がクローズアップされがちです。
この側面もモチロン大事だと考えています。

確かに、スローコーヒーの生産者たちも切実な問題
抱えています。

ですが、Slow社はココからもう一歩進めたいのです。

NGOナマケモノ倶楽部と連携し、その問題の解決に一緒に
取組むだけでなく、現地を訪問したり生産者と交流するなかで、
その国の自然・風土・文化・民俗性などをまず自らが楽しみ、
またそれを日本でコーヒーを楽しむ皆さまにもお伝えしていく
道のりすべてがフェアトレードだと考えています。

【モノ ⇔ お金】だけのやり取りでなく、【モノ+心 ⇔ お金+心】の
やり取りを楽しめる"フェアトレード"を目指しています。

そもそも"フェアトレード"なんて言わなければいけないのは、
現在のコーヒー取引の多くが"アン・フェア"だからです。

たとえばアナタがカフェでランチを食べる時、おいしかったら感謝をして、
きちんとお金も払いますよね?
帰り際にお客様に『おいしかったよ。』なんて言われたら
お店の人もうれしいはず。

コーヒーの取引もそんな"フェアが当たり前"の取引に
していきたいのです。

NGOナマケモノ倶楽部

エクアドルを中心とした世界の環境活動を支援やスローライフの提案と実践をめざす「ナマケモノ倶楽部」についてはこちらから→

「おいしいコーヒーの真実」

三角貿易の図

三角貿易の図

ペルーの農薬被害ポスター

ペルーの農薬被害ポスター

コーヒーの発祥の地は、アフリカのエチオピア。
世界中で飲まれるようになったのは、ヨーロッパの人が
コーヒーを発見して気に入り、「もっとたくさん飲みたい」と、
アフリカからコーヒーの苗と黒人を南米大陸に持ち込んだのがはじまり...。

「ちょっと待って!黒人はモノじゃないから連れて行っちゃ
ダメだよ!」 とその時に止められたら良かったのですが、
ごぞんじのとおり、黒人はそれから長い間、正当な対価が
支払われない奴隷として働く事になってしまいます。

そんなの昔の話、と言いたいところですが今日でも...。

私たちの「くつろぎの時間」の裏側には
生産者の「苦痛の時間」があります。

私たちが「ホッ」と一息くつろぎたい時に飲むコーヒー。
今日その多くはコーヒー豆をつくる生産者たちに正当な
対価が支払われない、昔の奴隷のような貿易のシステムで
輸入されています。

数年前ブラジルで実際に起こった話ですが、生産者が
コーヒー豆を売って得たお金よりも、コーヒー豆をつくるための
コストの方が高くついてしまいました。

簡単に言えば、つくればつくるほど赤字になる仕組みです。
つまり「つくり損」です。

手間をかけて真心をこめてつくっても、それに見合った
お金をもらえなければ、生活をする事も出来ません。
「これではやってられない!」と多くの生産者がコーヒー栽培を
やめてしまいました。

そんな状況がブラジル、コロンビアをはじめとする南米各国や、
インドネシア、アフリカといった世界中のコーヒー生産地で
起こっています。

コーヒーを大量生産しないと食べてはいけない。
そのため、農薬や化学肥料がたくさん使われ、世界中から
「安心できる、おいしいコーヒー」が消えつつあります。
このようなコーヒーでは、心から癒されることはできません。

そこでスローコーヒーは提案します。

おいしくて安心、つくっている人にも安全で、
まわりまわって地球にもやさしいコーヒーはいかがですか?

生産者がつらい思いをする関係は
「もう、オワリにしましょ。」
そのためにスローコーヒーは【オーガニック】【フェアトレード】
【自社焙煎】のおいしいコーヒーをお届けしています。

一杯でいっぱいうれしい...それがスローコーヒー

エクアドルのカルロス ソリージャさんとスロー社スタッフ
ブラジルの故カルロス・フェルナンデス・フランコさん

上に戻る