ソーラー焙煎はじめました 〜目的 と メッセージ
  • 2016/01/25

・目的

ソーラー焙煎の目的は、
「売電収入」「焙煎機を動かす電気代を節約する」
ことではありません。

余剰電力がうまれても売電する仕組みにしていませんし、
節約した電気代を積み立てても、消耗品であるバッテリーの交換代金にも
満たない見込みです。
目的はズバリ!
「さらに“グッド・バイブレーション”なコーヒーをお届けしたい」
ある音楽家は、送電線で送られてくる電気はノイズをひろってくるので
クリアな音楽が作れない、と自然エネルギーで録音できるスタジオを作ったそうです。
それを聞いたときから、ボクも
「自然エネルギーの動力で焙煎したら、ノイズのない、さらに気持ち良い
コーヒーがつくれるんじゃないか?」という根拠のない仮説を持っていました。

 

さらに、これはソーラー焙煎プロジェクトに取組みながら
実感したことですが、お日様のひかりを浴びると気持ちがイイですよね?
体も心もポカポカしてきます。やっぱり太陽のエネルギーはすごいなぁと感じます。

 

ソーラー焙煎は、Slow社の焙煎スタッフがお日様のエネルギーを
感じながら焙煎しますので、その気持ち良さがコーヒーに伝わり、
やはり“グッド・バイブレーション” なコーヒーになるでしょう。

 

オーガニックで栽培され、フェアトレードで輸入、太陽光発電(自然エネルギー)で
焙煎されたコーヒー豆。
そんなコーヒーでくつろぐひと時は、さらに格別なコーヒータイムになると思いませんか?

 

 

 

・メッセージ

そもそもコーヒーは農産物であり、自然の恵みです。
太陽光発電も自然のエネルギーを頂くこと、
「自然のありがたさ」を再確認したい。
誰もが知っているような大きいコーヒー会社でなく、
小さいコーヒー会社・小さいコーヒー焙煎機
「小さいからこそできることがある」ということを示したかった。

 

スロー社のある京葉流通センターは、一見「スラム街」
みたいだが、ここから先進事例を発信したかった。
(2016年4月から電気の自由化になりますが)
「電気は選べる」ということを示したかった。

The Choice Is Yours!!

STRAIGHT OUTTA SlowCoffee

 

 

 

 

 

 

【Special thanks to】

greenz

藤野電力

クラウドファンディングを応援してくれた皆さま

 

〜きっかけ はコチラ
〜設置までのいきさつ はコチラ

*ソーラー焙煎とは、「太陽光発電による電気で焙煎機を動かし、
コーヒーを焙煎すること(熱源は従来どおりガスです)」です。

*悪天候続きなどで、バッテリーに蓄えた電気がなくなった場合は
自動的に(2016年1月25日現在では)東京電力からの電気に切り替わるシステムです。

 
 
〒270-2241 千葉県松戸市松戸新田24番 京葉流通センター6-2号
TEL:047-331-5208 / FAX:047-331-5269
Copyright (c) 2014 SLOW INC ALL RIGHT RECERVED.